雨季のジャカルタ

Selamat malam!

日本ではコロナウィルス感染拡大がとうとう東京オリンピック中止に飛び火しそうな勢いですね。一刻も早い沈静化を祈るのみです。

私のところには友人から、「・・・是非拡散させてください。自己防衛が最重要です。今回のコロナウィルスは非常に熱に弱いことがわかりました。耐熱性に乏しく、26-27度の温度で殺傷します。なので、より多くのお湯を飲んでください。お湯を飲むことはすべてのウィルスのためにも効果的。冷たいものは厳禁です。・・・・」等というメッセージが転送されてきました。他の友人も来たと言っていたのでそれなりに拡散されている内容のようですが、人の体温が36度前後である以上、それが事実ならお湯を飲まずとも人を介した感染拡大は成立しないことになります。。。ただし、結論の「お湯を飲もう」については特に体に悪いことではないので特に文句はないのですが、どういうつもりで発信者はこの情報を流したのでしょうか。。。

 

 

他方、こちらジャカルタは、未だ感染者ゼロを続けているようですが、昨夜からの大雨の影響で、洪水の真っ只中にあります。年明けにもジャカルタでは大規模の洪水があり、何人もの方が亡くなってしまったので大変心配です。

私の住む街・デポックでは特に洪水まで被害が及んでいないようですが、ジャカルタは移動がなかなか難しい状態のようで、今日の講義も中止になってしまいました。

こちらが友人から送られてきた写真です。

バイクも半分水没してしまっている状況ですので、確かにこれは大変な状況ですね。

ただ、こちらの人たちはみんな慣れた様子です。あるインドネシア人学生に、「洪水で遊ばないか」と言われたので、「君たちみたいにウィルス耐性のある体じゃないから無理だよ」と断ったら、「何言ってるんだ、みんな洪水で遊んでウィルス耐性を身につけてきたんだ」と返されてしまいました。なるほど、道理でコロナウィルスの感染者が未だにゼロなわけですね。。。

とはいうものの、雨季のジャカルタでは、(特に蚊を媒介とする)様々な感染症の恐れがありますし、洪水により移動ができないことも想定されますので、皆様お越しの際は、服装・移動手段には十分お気をつけください。

それではまた次回!

VISA(ビザ)取得手続

今日はインドネシア大学留学にあたってのビザ取得手続について書いていこうと思います。

取得の流れは大まかに次の2つに分けられます。

1 telex VISA (VTTともいいます。)申請手続

2 VISA申請手続

 

まず、上記のうち1の方から説明していきます。

私は今回初めてビザの申請を行うので知らなかったのですが、一時滞在ビザの申請には大学や会社からの受入通知等だけではダメで、まずビザ発給許可証(telex VISA)を、大学側の手続により日本にあるインドネシア大使館に送ってもらう必要があります。

しかし、この前座とも言うべき手続がかなりの曲者でした。。。

まず、大学側から「telex VISAの手続には4~6週間かかるので急いで手続をしてほしい」と言われて申請フォームが送られてきたのが入国予定日の約2ヶ月前。

それだけなら急いでフォームを書いて送ればいいのですが、併せて「 telex visa fee としてRp 200.000を急いで送ってほしい」と言われました。

20万というと、日本の通貨感覚からいえば高額に思えるのですが、ルピアの2019年7月現在のレートからざっくりいうと、1000で割って8をかけたくらいが円での換算相場です。

つまり、20万ルピアは、円換算では1600円なのです。。。彼らは1600円を送金するのに、日本の銀行でいくらかかるか知っているのでしょうか。。。私はBNIというインドネシアの銀行の東京支店から振込みましたが、窓口の方から何度も「本当に送るのか。送料の方が高くなるぞ。」と言われました。

最終的に、telex visa feeの支払いから約1ヶ月が経った頃にようやくtelex VISAがpdfで送られてきました。

 

この時点で既に出国予定日まで残り3週間というところでしたので、急いで本丸の2.ビザ取得申請を行います。

必要書類は在日本インドネシア共和国大使館(KBRI)のHP(https://kbritokyo.jp/visa/#link09)に詳しく載っていましたので、ここでの説明は割愛しますが、新たに作成が必要な履歴書や申請書、英文推薦状等のフォーマット・見本もHPに記載があるのでそれらを参考にしつつ準備をします。

大学がきちんと必要書類をまとめて送ってくれていたこともあり、特に書類不備を指摘されることもなく、申請から3日後にビザの準備がされていました(担当の方には、「曜日はいつでもいいけど、受領手続開始時刻の14時に来た方がいい」といわれました。理由は後で述べます。)。

思いのほかあっけなかったビザ申請手続でしたが、ネックといえば、

①インドネシア大使館(東京)が目黒駅と五反田駅のちょうど間くらいにあり、絶妙に行きにくい場所にあること

②受付時間が、申請は午前中の2時間、ビザ受領は午後の2時間しか認められていないこと、

③そして、前に一人しかいないからすぐ回ってくるかと思いきや、実は旅行代理店の方で、手元にパスポートを10冊以上持っていたこと(これが14時に来た方がいい理由でした。もっとも、14時前に行っても、既に閉ざされたドアの前に行列ができていましたが。)

くらいでしょうか。

ただ、私は幸いにも東京在住でしたのでそれほどネックには感じませんでしたが、この手続を行えるのは東京か大阪だけですので、申請時と受領時の2回は必ず行かなければならないことを考えると、遠方の方々は代理店に頼らざるをえないのかもしれません。

手続を自分でやってみるまでは大使館でのVISA手続に時間がかかるものとばかり思ってましたが、むしろtelex VISAに時間がかかるので、銀行の送金手数料に躊躇うことなく早めに申請手続は行われることをお勧めします。

 

※おまけ

申請書の修正は、がっつり修正テープで行ってました(し、そのように行うよう貼り紙にも書いてました)。この辺りのラフさもインドネシアならではというところでしょうか。

 

※上記内容は2019年7月26日時点の情報でございます。

その後に変更される場合もございますので、手続時には必ずご自身でご確認ください。

留学に伴う日本での手続

今回は、留学に伴う海外転出手続について少し書いていこうと思います。

 

留学に関する大学手続と並行して、海外に居住するにあたって日本でも様々に手続を行う必要があります。

単に手続を行えばいいという話であれば、愚直に進めていけばいいのである意味楽なのですが、都度、自分で判断しなければならない事項が出てきて、かつ、それらの事項が相互に関連していたり、してそうでしていなかったりするので、その見極めに労力を割く必要があります。

特に個人で行く場合は、会社で海外赴任に行かれる場合と異なり、全て手続きを自分で行わなければならないため、考えるだけで行くのを取りやめてしまいたくなるほどです。。。

検討すべき問題は大まかに4つくらいだと思っています。

1 住民票問題

まず、そもそも留学に行くとして、住民票をそのままにするか、海外転出にしてしまうかという問題があります。

インターネット等で調べた限りですが、基本的には、1年以上の海外滞在が予定される場合は、住民票は海外転出の手続をとるみたいです。

海外転出の手続をとる一番のメリットは、住民税の節約です。毎年1月1日の住所地にて課税されますので、1月1日に海外に居住しているのであれば、その年の住民税は支払う必要がなくなるようです。

(「みたい」や「ようです」等と都度書いてあるのは、まだ実際に結果をみていないためです。悪しからずご容赦ください。)

他方、海外転出にしてしまうと、基本的には健康保険・年金の資格を喪失することとなります。

但し、年金については任意加入が可能ですので、ここも各自の判断に委ねられます。

 

2 保険問題

健康保険がなくなってしまうと、海外や一時帰国時の病院での治療費などが全て自己負担となってしまうため、任意保険に加入する必要があります。

(健康保険に加入している場合は、海外で治療を受けた場合であっても、後日精算かつ煩雑な手続はあるようですが、一部払い戻しを受けることができます。)

企業にお勤めの方の場合、会社で保険に入られると思いますので問題ないと思いますが、個人で行く場合はどのような保険に加入するかも選択しなければなりません。

私が留学する予定のインドネシア大学でも保険の加入が義務付けられておりましたので、私も保険に加入しました。

一般的には長期にも適用される海外旅行保険に加入される方が多いのではないかと思いますが、私の場合は、海外の病院でも適用される外資系の保険に加入しました。

ただ、先日、当該保険会社に問い合わせてみたら、外資系であるにもかかわらず、英文での付保証明書の類が一切存在しないことが判明しました。。。

受け入れ先が英文の証明書なしで認めてくれるかは分からないので、私も場合によっては別途保険に加入するかもしれません。

3 確定申告

こちらも企業にお勤めの方には基本的に問題にならないかと思いますが、多くの弁護士は確定申告を行う必要があります。

私は年の途中で海外に行きますのでこの場合どうすればいいか税務署に問い合わせたところ、①準確定申告を海外転出のタイミングで行うか、②納税管理人を選任したうえで、通常の確定申告期間に、同管理人に確定申告をしてもらうかの2択というお話でした。

納税管理人はだれでもいいということでしたし、留学前の忙しい中、わざわざ確定申告はしない気がしています。

4 ビザ申請手続

この点はまた後日詳細をお書きしようと思っております。

というのも、実はまだ、ビザ申請に必要なVTTとよばれる発給許可証が大学側から届いていないのです。。。

既に手続開始から1ヶ月以上経過しておりますが、4~6週間かかるといわれていたので、辛抱強く待つことにします。

 

以上、大まかな手続についてお話しましたが、実際は各自の状況によって更に細かな手続が色々発生します。私の場合の「色々」のメインは、弁護士としての手続ですね。

昔は違ったようですが、弁護士は一旦登録を抹消しても、帰国後に再び同じ弁護士登録番号で業務を再開できます。

登録抹消期間については弁護士会費がかからないのでそれはいいのですが、再登録時に再び入会金をまともにとられるようで、今から戦々恐々としております。。。

もちろん、弁護士会の健全な活動に使用されると信じて喜んでお支払いするつもりではありますが、再登録時にそんなに金とるんだったら、登録抹消を認める意味はなくないか?と思わなくもないこともない今日この頃です。

それでは、次回はVISAの手続についてお話したいと思います。

 

※おまけ

インドネシアに約2年駐在していた友人に、「向こうで配るお菓子が何がいい?」と聞いたら、意外にも「東京ばな奈」ということでした。

個人的にはどうせ「KitKat」の抹茶味だろうと思っていたのですが、既に向こうに工場があるそうで、あまり有難みがないようです。

真偽のほどは定かではありませんが、ここは先達に従い、東南アジアにバナナを持って乗り込みたいと思います。

 

※上記内容は2019年7月時点の情報でございます。

その後に変更される場合もございますので、手続時には必ずご自身でご確認ください。

 

インドネシア大学 出願方法

本日は、インドネシア大学への出願方法について記憶をたどりにご紹介したいと思います。

インドネシア大学は、通称UI(Universitas Indonesia)と呼ばれ、ジャカルタの郊外のDepokというところにあります。

今回、私が参加するStudy Abroad Programは、法学部で英語により行われる授業に参加するというものです。当該プログラムは、半年コースまたは1年コースが選択できますが、私は1年コース(2019/8~2020/6予定)を選択しました。

 

当該プログラムを8月からスタートしたい場合、今回は4月15日が申込期限でした。

相談も含めて、出願手続は全てメール(inbound <inbound@ui.ac.id>)で行うことができましたので、わざわざジャカルタに行かなくていいという点では楽でしたが、返信がなかなかなくて不安になることも多いです。(最初に入学に必要な資料を教えてくれるよう頼んだメールは何度催促して、ようやく回答をもらえました。その後は、2,3日後には回答をくれるようになります。)

申込みに必要な主だった書類等は次の通りです。提出書類は全てpdfで提出しております。なお、学生の方は、このほかにもご自身が所属する日本の大学にもいくつか書類を作成してもらうことになるようです。

①Application Form

UI側所定の申込書があります。

履歴書に添付する証明写真なのですが、インドネシアでは通常、背景が赤色なので、私も赤色で撮影しました。

赤色で撮影できる場所は限られておりますので、証明写真を撮影するところに事前に相談する必要があります。

②Recommendation for Admission

推薦状が2通(2名分)必要です。UI所定の書式もあるのですが、別に各所作成の書式でも構わないとのことでした。

UI側からもらった資料には、封緘したものを送るように書いてあったのですが、別途質問したところ、pdfで構わないということでした。

③ Certification of Financial Guarantee

保証人に署名をしてもらう必要がございます。

④Certificate of Health

健康診断書を提出する必要があります。

UI所定の簡単なフォームがあるので、それを用いて病院で記入するのですが、これに意外と時間がかかり、私の場合は、予約から診断書をもらうのに1ヶ月くらいかかりました。

⑤Housing Form

留学時の住居を大学経由で探す場合、どのような部屋を希望するか、書面で提出します。

ただし、実際の細かなやりとりは、UIの別担当部署と個別にメールでやりとりをすることになります。

⑥Law and Employment Declaration 

UI所定の誓約書です。

⑦大学(院)卒業証明書

大学(とロースクール)で、英語の証明書を発給してもらいます。

私が卒業した直後の頃は、大学に直接行くか、郵送で2週間程度かけて発行してもらっていたのですが、時代は進み、私の出身大学では、なんとパソコンの手続きとコンビニで発行できるようになってました。。。

⑧大学(院)成績証明書

大学(とロースクール)で、英語の成績証明書を発給してもらいます。

上記⑦と同じ手続きで取得できました。

⑨CV

書式はないので、英文履歴書を自分で作成し、添付します。

⑩パスポートコピー

カラーで送付します。

⑪英文残高証明書

こちらも思いのほか時間がかかりました。

大きな支店に行ったのですが、本部で発行するので、結局2週間くらいかかったと思います。

別に残高いくら以上という指定はありませんでしたが、直近で一番残高があったタイミングで行きました(笑)

⑫Purpose of Study

留学目的を500語程度で記載します。

⑬TOEFL成績証明書

TOEFLのiBTかITP PBTのいずれかで、TOEICは不可です。

必要スコアが記載されていなかったので、確認してみたところ、PBTは550点、iBTは80点が必要ということでした。

 

以上が出願に必要な主な書類です。

出願後、2ヶ月はなんの連絡もなかったので不安がだんだん募っていたのですが、あとで送付されてきた受入通知によると、5月下旬が作成日となっていました。

どうやら、今回は、出願後にレバラン休暇(イスラム教で断食を行うラマダン明けの行事です。)があったため、その影響で回答が遅れていたようです。

宗教や仕事の速さの間隔も含め、私の留学課題と感じました。

 

※上記内容は2019年4月時点で出願した際の情報でございます。

その後に変更される場合もございますので、出願時にはご自身でご確認ください。

 

インドネシア留学ブログを始めました。

初めまして、弁護士の神尾陽一と申します。

今年8月からインドネシアのジャカルタ大学(通称UI)のStudy Abroad Programに参加することとなりました。

インドネシアの留学・法律に関する情報は勿論のこと、インドネシアの情勢や流行、自然や文化等も併せてお届けしていきたいと思います。

気軽な気持ちでお読みいただければ幸いです。